いつまでも座っていられる椅子

座っている時の心地良さ
何より座り心地がソフト。包み込まれる感覚で、いつまでも、快適に座っていられます。これは座面が多層構造になっているため。お尻が当たる部分は柔らかめ、太もも裏が当たる部分は固め、というように異なる固さのクッションが複数使い分けられています。
安藤家具の椅子への共通した考え方もである、姿勢(S字カーブ)の保持や、お尻の前滑り防止、様々な体型への配慮など、椅子に関する高齢者の悩みを解決する設計がされています。

使いやすさへのこだわり
とくに肘掛部分は素晴らしいと思います。高さ、太さ、木部のエッジ(角)の丸みが考え抜かれ、自然と握ってしまう心地良さがあり、それが椅子全体の安定感につながっています。
脚はお使いになる方に合わせ、10㎜単位でカットできますので、小柄な方でもお使いいただけます。

優美なファブリック
張地を豊富な種類からお選びいただけるのもよいところ。インテリアに合った布を選ぶことで、より一層美しさが増し、お部屋になじみます。背面、座面は別布で張り分けることもできます。写真の椅子は英国製生地。上品な艶とグラデーションが綺麗です。
各種輸入生地の実物見本はショールームでご覧いただけます。

仕 様木部:ブナ材 ウレタン塗装
サイズW590×D560×H860×SH420×AH620
価 格¥58,000~¥66,000(税抜)