収納量がアップした玄関収納

お客様のご要望

子供の成長とともに靴が増え、玄関収納に入らない靴が常時玄関にあふれてしまうため、収納量がある玄関収納が欲しい。

家具の特徴

収納の絶対量を増やす
収納量を増やすために、高さを天井いっぱいにしました。
靴を載せる棚板が増やせることも収納量アップには欠かせません。
このシリーズは、収納するものに合わせて棚板を3㎝ピッチで移動できます。棚板の位置を靴の高さに応じて調整すると、棚板間の不要なあきが少なり収納量が上がります。

お手入れしやすい素材
玄関収納には汚れがつきものです。
家具内部と棚板はお手入れがしやすいポリエステル化粧合板を使いました。

ゆとりのあるオープンスペース
左の写真のように絵を飾れるほどのオープンスペースを確保しました。
ここを収納にすることも可能でしたが、靴の量と新たな家具の収納量を比較検討した結果、生活に潤いをもたらすオープンスペースを設けることになりました。

移動を妨げない丸み
玄関を上がってすぐ左にリビングがあります。
訪れた人が自然にリビングに入れるように角に丸みをもたせました。
手際良くスリッパを取り出せるようにオープンの棚にしました。

最終チェックのためのミラー
扉を開くと姿見がついています。
靴を履いた状態でお出かけ直前のチェックができます。

仕 様 バーチ材 ウレタン塗装 ・ポリエステル化粧合板
サイズ W1720×D430×H2410(mm)
価 格 ¥699,490(税込)

店主のコメント

社会や家族構成の変化に住まいや家具をどのように対応させるかは、難題です。
物の量が少なくて身軽でしたら簡単なのですが…。
引越に絡めて不要なものを処分される方は多いようなので、同様の効果を期待して収納家具を見直してみたらいかがでしょう。
きっと新しい生活が楽しくなる事でしょう。