工夫がちりばめられた壁面収納家具

お客様のご要望

寝室のクローゼットでは衣類が納まりきれないため、簡易的なパイプのハンガーを置くなどしてして対処していたが、ほこりになるうえ使い勝手も悪いため改善したい。
人からのプレゼント・記念品・アルバム・トロフィー・子供の頃の思い出の品など普段使わない色々な物を収納するスペースが欲しい。
ベッドからテレビが見たい。

家具の特徴

収納の絶対量を増やす
今までと同じ場所に可能な限り大きな収納家具を置く事としました。特に高さに関しては天井ぎりぎりまで収納にしました。踏み台に乗らないと物の出し入れは出来ないのですが、普段あまり使わない物はそこでOK!です。

スムーズな動線の確保
家具を置く場所は部屋の使い勝手にとても影響します。ベランダが物干になっているため、部屋の入口からベランダまで洗濯物を持って歩くことや、家具の扉を開ける時にどの位ベッドとの間隔をあければよいかなども考慮しています。

家具の使い勝手
衣類などよく使う物を取り出しやすい位置に、あまり使わない物を高いところにという考えをベースに、入れる物に応じて家具のパーツを選んでいます。引き出しのサイズや段数は中に入れる物を考慮しています。また、テレビはベッドから一番見やすいところです。

家具の外観
家具の中に何が入っているかを外から確認する必要はないので全て板扉です。扉の幅は使いやすいサイズで統一しました。また、縦のラインだけでなく上置や引き出しの横のラインも揃っているためとても綺麗です。ウォールナット材を用いた落ち着きのある高級家具です。

ぴったり収まります
家具(本体)は設置場所に対して少し小さく作ります。そのため、家具と壁は少し隙間があきます。隙間があると見栄えが悪いので、その隙間をフィラー材という本体と同じ材料を現場で加工しながら取付けます。幅木なども避けるようにフィラー材を削るので、写真の様な収まりになります。
安全のための耐震対策
耐震ラッチ 地震で揺れているとき、扉が開いて中の物が散乱するのを防ぎます。
壁固定 壁に家具を固定しているので、地震でも家具は倒れません。
家具にコンセントが隠れても大丈夫!
家具を設置する壁にコンセントがあり、家具に隠れてしまいますが、家具内部に線を通し、家具にコンセントを取付けました。
掃除機やアイロンなどの家事に使えます。
機能性のある扉
オートヒンジ 扉の召し合わせ部分の隙間からほこりが家具内部に入るのを防ぐ部材ですが、一方の扉が閉まっていても他方の扉を開閉できるタイプです。
ブルモーション 扉がバタンと勢いよく閉まるのではなくスムーズに閉まります。
ネクタイ掛け 扉内側にネクタイを掛けられます。
引き出しの動きがスムーズになるスライドレール
このスライドレールは3段引きのタイプです。写真の様に、中がすべて見えるまで引き出しを出すことが出来るため、奥の物まで出し入れしやすくなり、引き出し全体が無駄なく活用できます。
また、スライドレールの有無で使用感が一番異なるのは引き出しの動きです。スライドレールをつけると格段スムーズになります。
仕 様 ウォールナット材 ウレタン塗装
サイズ W3080×D580×H2410(mm)

店主のコメント

どんな家具にもいえることですが、特に大型家具は便利な反面生活の変化に対応しにくい点があります。そんなデメリットに抗い、この家具を長くお使いいただけるようにと思って仕事をさせていただきました。
人の一寸先は?なのですが、現在と未来が程よく配合された家具がよいと思っています。