こんなこともできる!収納付きテーブル

弊社の事務所で、事務用品の収納と打合せ用テーブルとして1999年から実際に使用しています。
間仕切として使うため収納部分は両面共仕上げてあります。二色で塗装したのは、大型家具が単調な印象にならないためです。
また、イージーオーダー家具のとしてできることを散りばめ、お客様へのご説明に使わせていただいています。
現在まで修理は無し、年月を経た家具のコンディションがご確認いただけます。

設計と家具の特徴

収納家具とテーブルが一体
一般的には収納家具とテーブルは別々に作られることが殆どですが、この家具は収納部分にテーブルが入り込んで一体となっています。
イージーオーダー家具ならではの対応です。

移動を妨げないコーナー
人が通りやすいように一方の角は円形になっています。

単調にならない色使い
こげ茶とベージュを家具のパーツによって塗り分けました。

どこから見ても綺麗な仕上げ
左の写真の収納部分は裏面が見えています。
事務所の真ん中に置くため、家具の両面を仕上げました。どこから見ても綺麗に見えます。

フラップ扉
下に向かって開くタイプの扉です。

フロストガラス
半透明のガラスです。中にある物が大体判別できる見え方をします。

スライド棚
スライドレールを底に付けた棚板です。前後に動きます。

スライドレールがある引き出しと無い引き出し
スライドレールの有無による引き出しやすさを体感していただけます。

鍵付きの引き出し
引き出しに鍵をつけることもできます。

扉の中の引き出し
扉を開けると引き出しがあります。

コンセント
台輪につけたコンセントです。
コンセントが家具で隠れてしまうケースは多々あると思いますが、家具の内部に線を通して使いやすい場所にコンセントをつけることができます。

照明
照明をつけられます。

ミラー
ミラーをBOXの背面に取り付けてあります。
ミラーは内部を明るくしたり奥行を深く感じさせる効果があります。

仕 様オーク材 ウレタン塗装
サイズ収納:W2610×H1080×D465 テーブル:W860×L2000×H720
価 格¥859,400

店主のコメント

この家具をつくったのは1999年です。
この頃は、戦後の生活の洋式化に伴い庶民が洋家具を使い始めて数十年が経過し、消費者はメーカーが提供する既製品の家具に生活を合わせるのではなく、自分の生活に合う家具を求め始めていました。消費者の家具に対する要望は多岐にわたっていたため、メーカーもなにを提供すればよいのか困惑していた時期です。
そんな中でも、将来を見通してイージーオーダー家具の受注生産方式を始めていたメーカーがありました。見本市の会場で説明を受け、あまりに消費者の要望に応えやすいため嬉しかった記憶があります。暫くして取引が始まり展示したのがこの家具です。