写真(1)

写真(2)

椅子と姿勢

小学校では身長によって机も椅子もサイズが変わります。体格に合わないと使いにくい上に健康への悪い影響があるからです。ところが大人の家庭用の椅子はワンサイズです。一般的に日本で販売されているテーブルと椅子のセットは160~170㎝位の人向けで作られているので、大柄な人や小柄な人は何となく使いにくく思いながらも仕方なく使っているのが現状です。
二枚の写真を比較すると、どちらが座りやすいかは一目瞭然!写真の様に座った姿勢を横から確認するとわかりやすいと思いますが、体によい姿勢で座るためのポイントは以下の様です。
1.足の裏がピッタリついて、ひざの裏が圧迫されていない
2.お尻が前にすべり出さない
3.背もたれと背中に隙間ができない
4.上半身が安定して猫背にならない