59年前の再現

1959年に嫁入り道具として購入された下駄箱、思い出の家具なので修理して使い続けたいという事でした。
不具合箇所を直す事と、購入時の意匠を再現する事、使用中の家具のため出来るだけ短納期でとの要望もありました。
古い家具なので事前に想定した箇所以外にも手を入れる必要な箇所がある事も考えられるため、見積は概算として作業終了後に金額確定という事で修理を承りました。
本体・扉・内部のキズの補修や塗替がメインでしたが、本体のゆがみの修正や脚部のアジャスターの取付や座金の補修等、多岐にわたる作業でした。

修理前

修理後

修理前

修理後