椅子修理

毎日数十㎏の体を支える椅子には色々なトラブルはつきものです。修理しながら永くお使いください。
専門の職人が確かな技術で一脚一脚丁寧に修理を行います。
張地のバリエーションは豊富で、国産から輸入品まで幅広くお選びいただけます。
ご依頼は一脚からお受けし、下見にも伺います。
修理中は代替品を貸し出すサービスもあります。

椅子修理の種類

張地張替

破れたり汚れたりした張地を張り替えます。
素材は布・天然皮革・合成皮革のほか、お客様支給の特別な生地にも対応します。
同時にクッション材の交換や木部の再塗装を行うと新品のように蘇ります。

輸入生地
ヨーロッパのメーカーの生地を取扱っています。
特徴のある柄物・ひと工夫された無地など、面白い生地があります。
カーテンとのコーディネートを楽しめるのも特徴です。

お客様支給の生地
お手持ちの生地を使いたい場合はご相談ください。
経験豊富な職人の技術で、きっと素敵な椅子になることでしょう。

国内メーカー(布・合成皮革・天然皮革)
安定した品質の国内メーカーの素材です。
はっ水性のある布や耐次亜塩素酸の合成皮革など、機能面で優れた素材が豊富にあります。

張り方
Aのように張るケースが多いのですが、B~Dのようにデザイン性を入れて張ることも可能です。
少しのアイディアと工夫で印象がだいぶ変わります。ご希望のお客様はご相談ください。

A.一般的な張り方

B.無地と柄の市松模様

C.ボーダーを入れたデザイン

D.中央の柄を引き立たせるデザイン

カバー製作

カバーリングタイプの椅子のカバーを製作します。

クッション材交換

弾力が失われたクッション材を交換します。
一般的なウレタンの交換から、バネやウェービングテープの交換までどんなことでもお任せください。新品同様の座り心地が復活します。

塗装

塗装がはげて木の色が出てたり、経年で変色したりした木部を再塗装します。
張地張替と合わせて行うとさらに美しく生まれ変わります。

木部の修理

座るとグラグラする、脚が外れかけている、板が割れてしまって座れない、などの木部に関する修理を承ります。

お問い合わせから納品までの流れ

①お問い合わせ
こちらからお気軽にどうぞ。

②訪問または持ち込み、ヒアリング
修理品の状況を確認し、ご要望を伺います。
・訪問(ご指定場所へ伺います。)
・お客様による弊社へのお持ち込み
・写真添付メール送付(概算見積となります)
の3つの方法があります。

③見積
修理方法を検討し、見積いたします。

④ご検討
見積書・サンプルなどを送らせていただき、ご検討いただきます。
ご意見・ご要望は遠慮なくおっしゃってください。再検討(再見積)いたします。

⑤ご注文
ご納得いただいた段階でご注文となります。

⑥修理品のお預り、代替品の貸出
修理品をお預りします。
修理期間中、椅子の貸出をしております。

⑦修理
修理期間の目安は張地張替で2週間~、張地張替+再塗装で4週間~です。

⑧納品
修理完了品を納品いたします。

納入例

布で張替

合成皮革・天然皮革で張替

木部の修理

その他

コラム

お問い合わせ

お電話 03-3961-3170
メール anpiy@ando-kagu.com