まさにオーダー家具の典型!ホームシアター用家具

リビングルームに設置したホームシアターのための家具です。
何をどこに置いてどの様に使うのか、お客様のホームシアターのイメージが機能的に具現化されています。
壁全体を覆った大型家具ですが、圧迫感を感じることはありません。
機能性とくつろぎを兼ね備えたお手本の様な家具です。

家具の特徴

機器類を置く場所からデザインされています
使いたい機器類をリストアップし、それらの形・大きさ・操作方法などを考慮して、家具のどこに置くのが望ましいかが検討されています。さらに、家具を置く場所の広さなどの条件が加味されて、デザインされたのがこの家具です。

配線がきれいにスムーズにできるような工夫
機器類は配線がつきものですが、それらの線が目立たない様にすることと機器交換時の再配線がスムーズにできることが大切なポイントです。そのために、家具に数箇所の孔(あな)をあけ、家具内部で配線が処理されています。

家具でコンセントが隠れないように加工
壁のコンセントに被ってしまう側板(がわいた)の一部を切り抜きました。
切り抜いた側板の断面は綺麗に仕上げてあります。

素材と色
ナラ材の柾目(まさめ)は木目が平行に整っているため端正な印象です。
アンバー系の塗装色が落ち着いた雰囲気にお部屋を演出しています。

仕 様 ナラ材ウレタン塗装
サイズ W2518×D550×H2083(mm)

店主のコメント

現場での作業が主の大工とは異なり、家具はほとんどが工場でつくられます。出来た家具をトラックで運搬し、室内へは手運びです。大型家具の場合は大きさや重量を考慮したいくつかのパーツに分割してつくられ、設置場所で組立てて完成となります。
パーツをどの様に分割するかはケースバイケースですが、この家具はすべてのパーツを板状でつくり、設置場所へ運び入れて組立てました。この方式は家具の縦や横の板(構造材)が二重になる箇所を少なくできるという利点があります。気づかれにくい点ですが、ちょっとしたこだわりです。