扉・引き出し・脚、各パーツに配慮されたキャビネット

キッチンとリビングの間仕切りの壁を背にして置かれたコンパクトなキャビネットです。
色々な物を収納する便利屋さん的な側面、リビングから見えるため意匠性も重視したいという側面、これらの両立に加えてお部屋のお掃除のことなどにも配慮した家具です。
特に、上吊の引戸とプッシュオープンの引き出しが、意匠面の面白さの表現をアシストしてくれました。

家具の特徴

扉の特徴
扉は左右にスライドする引戸タイプ、動きはとてもスムーズです。
キャビネット上部で扉を吊る構造のため、地板には溝がありません。
ガラスには内部が見えにくい半透明のフィルムを貼りました。ガラスが割れてしまった時に飛び散らないための飛散防止の機能があります。

引き出しの特徴(Ⅰ)
つまみや取手が不要な、押すと出てくるプッシュオープンタイプの引き出しです。
この機能を支えている部品は引き出しの底に取付てあるため、横からは見えません。引き出しを開けるとすっきりした印象です。

引き出しの特徴(Ⅱ)
自然が生んだナラ材の杢目(もくめ)が引き出しの上から下まで連続しています。
また、引き出しの深さは上から一段ごとに20mmずつ深くしています。

脚の特徴
脚をつけた理由の一つは、お掃除ロボットが通れるようにするためです。
2方向から見て先が細くなっている(テーパー)デザインの脚、家具が壁にピッタリ付く様に建物の巾木(はばき)を避けた位置に取り付けました。

きれいな背面仕上げ
他の箇所と同様にナラ材(突板)のウレタン塗装です。

仕 様 ナラ材ウレタン塗装
サイズ W650×D400×H900(mm)

店主のコメント

この家具の特徴の一つはプッシュオープンタイプの引き出しです。旬の金物を使っていますが、少し遡ると、今では汎用品として普及している三段スライドレールがあります。この様に、家具金物も進化しているのですが、開発はドイツを中心としたヨーロッパです。新しい機能や面白い家具の需要があり、それに応えるための研究開発がおこなわれるという循環は、家具の後進国からは少し羨ましく見えます。