WORK OF ART

仕 様鐵 鍛造 カシュー仕上
サイズW175×D70×H55
価 格¥60,000(税抜)

天使に翼ができたわけ

多くの絵に描かれているように、現在では「天使には翼がある」のが一般的です。
しかし初期のキリスト教では天使に翼はありませんでした。天使と翼が結びつくのは、初期のキリスト教に古来の信仰がまじりあったため。古くから信じられていた「翼をもつ、神と人を繋ぐ超常的な存在」がキリスト教の中で「翼のある天使」に変化したのです。
当時は天使と自然現象は深く繋がっていると考えられていました。天変地異や、宇宙や星が動くのも「天使の働き」とされていたそうですよ。